プロフィール

とらちゃん

Author:とらちゃん
このブログは
「とらちゃんのゴロゴロ日記はまぞう」
のトラックバック専用ブログです。詳しい本文はそちらにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

とらちゃんのゴロゴロ日記-映画関連トラックバック専用ブログ
「とらちゃんのゴロゴロ日記blog.ver」でトラックバックを受け付けできないようになったので、2012年8月28日から開設しました。映画関連の記事に限りトラックバックを受け付けます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横道世之介
詳細な本文は下記アドレスにあります。
http://torachangorogoro.hamazo.tv/e4273086.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://torachangorogoro.blog.fc2.com/tb.php/50-4f86f18a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雨ニモマケズ。『横道世之介』

大学進学の為に長崎から上京してきた青年と彼を取り巻く人々の物語です。
[2013/02/24 01:23] 水曜日のシネマ日記

試写会「横道世之介」

横道世之介に出会って、みな幸せ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201302190003/ 横道世之介 (文春文庫)吉田 修一 文藝春秋 2012-11-09売り上げランキン...
[2013/02/24 06:49] 日々“是”精進! ver.F

横道世之介〜笑いの中に死の気配

善人なおもて往生をとぐいわんや悪人をや 公式サイト。吉田修一原作、沖田修一監督。高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、朝倉あき、黒川芽以、柄本佑、佐津川愛美 ...
[2013/02/24 08:26] 佐藤秀の徒然幻視録

横道世之介

吉田修一著の同名小説を沖田修一監督が高良健吾主演で映画化した青春ストーリーです。 原作は未読ですけど評判は聞いていたので、この原作で監督&キャストが揃ったら どんな作品に
[2013/02/24 09:38] とりあえず、コメントです

横道世之介

サンバサークル。隣の目覚し時計。ごきげんよう。
[2013/02/24 10:58] 悠雅的生活

横道世之介

1987年。 長崎の港町で生まれた横道世之介(よこみちよのすけ)は、大学進学のために上京したばかりの18歳。 サンバサークルに入部し、ホテルでポーターのアルバイトを始め、年上の...
[2013/02/26 13:04] 象のロケット

『横道世之介』は、どこにいる?

 小説の登場人物のうちでもっとも重要なのは主人公のはずだが、吉田修一氏は自著『悪人』の主人公祐一に関して、「自分は祐一そのものを書かなかった」と語っている。  小説に主
[2013/03/01 01:20] 映画のブログ

『横道世之介』

□作品オフィシャルサイト 「横道世之介」□監督 沖田修一□脚本 沖田修一、前田司郎□原作 吉田修一□キャスト 高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤 歩、綾野 剛、    
[2013/03/02 07:15] 京の昼寝〜♪

横道世之介

 『横道世之介』を渋谷のHumaxシネマで見ました。 (1)出演している俳優陣に興味を惹かれて見てきました。  映画は、主役の横道世之介(高良健吾)が、法政大学に入学すべく、長崎か...
[2013/03/10 20:30] 映画的・絵画的・音楽的

映画「横道世之介」原作より映画にリアルを感じた

映画「横道世之介」★★★☆ 高良健吾、吉高由里子、 池松壮亮、伊藤歩、綾野剛、 きたろう、余貴美子出演 沖田修一監督、 160分、2013年2月23日より全国公開 2013,日本,ショウゲート (原...
[2013/03/13 22:39] soramove

横道世之介という人

27日のことですが、映画「横道世之介」を鑑賞しました。 長崎県から大学に進むために東京へ上京してきた 横道世之介 彼と周囲の人々のエピソードが描かれる まさに横道世之介 その人...
[2013/03/18 21:06] 笑う社会人の生活

沖田修一監督『横道世之介』高良健吾、吉高由里子主演

注・内容、台詞に触れています。吉田修一原作の小説『横道世之介』を「キツツキと雨」の沖田修一監督が映画化。上京したての大学一年生・横道世之介の日常と、彼を取り巻く人々の姿...
[2013/04/22 00:01] 映画雑記・COLOR of CINEMA

横道世之介

キャッチコピーは「出会えたことが、うれしくて、可笑しくて、そして、寂しい――。」たしか、受賞してた作品だなぁ… でも、クールな美形・高良健吾(「書店員ミチルの身の上話」では、美しいがゆえに、怖いほどの迫力だった)が、なぜ、おばさんパーマ?との素朴な興味から見てみたのですが、80年代の空気を色濃く残し、大学進学のため上京してきた、やや不器用でお人好し。大らかで怖いもの知らずな主人公と、...
[2014/03/28 14:45] のほほん便り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。