プロフィール

とらちゃん

Author:とらちゃん
このブログは
「とらちゃんのゴロゴロ日記はまぞう」
のトラックバック専用ブログです。詳しい本文はそちらにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

とらちゃんのゴロゴロ日記-映画関連トラックバック専用ブログ
「とらちゃんのゴロゴロ日記blog.ver」でトラックバックを受け付けできないようになったので、2012年8月28日から開設しました。映画関連の記事に限りトラックバックを受け付けます。
後妻業の女
詳しい本文は下記アドレスにあります。
http://torachangorogoro.hamazo.tv/e7019893.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://torachangorogoro.blog.fc2.com/tb.php/332-0859d0fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『後妻業の女』試写会で観た

友人がここのところ試写会にせっせと応募していて、 割と当たる確率がいいらしい。 今回はお誘いいただいてめっちゃ感謝(人‘▽‘☆) ルン♪ たしかに娘と一緒に見るような映画ではないかな。 妻に先立たれた中瀬耕造(津川雅彦)は、婚活パーティーで年下の女性・小夜子(大竹しのぶ)と出会う。やがて病に倒れた耕造は他界し、後妻におさまった小夜子から公式証書遺言状を見せられ...
[2016/09/11 23:58] よくばりアンテナ

後妻業の女〜ハセキョンがオアシスに見える

公式サイト。黒川博行原作、鶴橋康夫監督。大竹しのぶ、豊川悦司、尾野真千子、長谷川京子、水川あさみ、風間俊介、余貴美子、笑福亭鶴瓶、津川雅彦、永瀬正敏、ミムラ、松尾諭、 ...
[2016/09/11 23:59] 佐藤秀の徒然幻視録

【映画】後妻業の女

【解説・あらすじ】直木賞作家・黒川博行の「後妻業」を、大竹しのぶと豊川悦司の共演で映画化。「愛の流刑地」「源氏物語 千年の謎」の鶴橋康夫監督がメガホンをとり、資産を持つ独身男性の後妻に収まり、多額の金品を貢がせる「後妻業」を生業とする女の姿を描く。結婚…
[2016/09/12 07:00] ただただ映画を楽しんでる人のブログ

「後妻業の女」:悪くて見苦しい奴ら

映画『後妻業の女』は、かなりアクの強い作品。まあ、「辟易する」と言える作風です。
[2016/09/12 12:28] 大江戸時夫の東京温度

『後妻業の女』('16初鑑賞81・劇場)

☆☆☆-- (10段階評価で 6) 8月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:20の回を鑑賞。
[2016/09/12 20:24] みはいる・BのB

後妻業の女

 『後妻業の女』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)芸達者の俳優たちが多数出演しているのでオモシロイに違いないと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の始めは2000年の夏のこと。  ゼッケンを付けた男女が、海水浴場の砂浜で体操をしています。  結婚相...
[2016/09/12 20:56] 映画的・絵画的・音楽的

「後妻業の女」☆怪談より怖いっ

大竹しのぶの名演が光るこの映画。 爆笑あり苦笑いあり、へー!?っと驚いたりドン引きしたり。 しかーし!これは稲川淳二に怪談より怖いんですけど???
[2016/09/12 22:08] ノルウェー暮らし・イン・原宿

後妻業の女

結婚相談所主催の中高年向けパーティーで可愛らしく自己紹介する小夜子(63歳)の魅力に、男たちはイチコロ。 パーティーで知り合った耕造と小夜子は結婚するが、2年後に耕造は死亡してしまう。 耕造の娘の朋美と尚子は遺言公正証書を突き付けられ、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡された。 納得の行かない朋美が調査すると、小夜子が“後妻業の女”であることが発覚する…。 コメディ。
[2016/09/14 09:42] 象のロケット

「後妻業の女」騙された遺族たちが知った後妻業の女の強かな財産詐欺の巧妙な手口

「後妻業の女」は結婚相談所の所長と組む女が死に際の男を騙して財産を奪う後妻業の女が数々の男を騙すストーリーである。死に際の再婚は時としてすべての財産を持っていかれる事 ...
[2016/09/24 17:54] オールマイティにコメンテート

後妻業の女 (2016)

独身高齢男性の寂しさにつけ込み、資産を狙う結婚相談所のクセモノ・コンビに、大竹しのぶとトヨエツがハマり役ナニワ金融道じゃないけれど、欲と人間臭さプンプン・ワールドは、東京でなく、大阪が似合いますね。大竹しのぶ、大御所なのに、尾野真千子と焼肉屋で取っ組み合いの大喧嘩したり、マンションで、息子の風間俊介と、これまた肉弾喧嘩したり、文字通り身体を張ってました。物語がコテコテな分、長谷川京子とミムラ...
[2017/06/28 08:40] のほほん便り