プロフィール

とらちゃん

Author:とらちゃん
このブログは
「とらちゃんのゴロゴロ日記はまぞう」
のトラックバック専用ブログです。詳しい本文はそちらにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

とらちゃんのゴロゴロ日記-映画関連トラックバック専用ブログ
「とらちゃんのゴロゴロ日記blog.ver」でトラックバックを受け付けできないようになったので、2012年8月28日から開設しました。映画関連の記事に限りトラックバックを受け付けます。
64ーロクヨンー前編
詳しい本文は下記アドレスにあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://torachangorogoro.blog.fc2.com/tb.php/312-dba6ea79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

64−ロクヨン−前編

豪華キャストも中身もてんこ盛り 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英 ...
[2016/05/12 00:22] 佐藤秀の徒然幻視録

『64-ロクヨン- 前編』 映画@見取り八段

監督: 瀬々敬久 キャスト: 佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、三浦友和、永瀬正…
[2016/05/12 00:36] 映画@見取り八段

64 ロクヨン前編

64−ロクヨン−前編@イイノホール
[2016/05/12 07:00] あーうぃ だにぇっと

「64(ロクヨン) 前編」

後編が待ち切れない。こんな気持ちは久々だ。昭和最後の7日間に起こった少女誘拐殺人事件。通称「64(ロクヨン)」。時効まであとわずか一年に迫った平成14年、事件は大きく動き出す…。そうか、昭和64年って、平成元年って、もはやこんなにノスタルジックな風景なのか。…当然息子達は生まれている筈もなく、道道が日の丸の半旗を掲げている通りの風景や、小渕官房長官がブラウン管の向こうで「新しい元号は‘平成’...
[2016/05/12 12:28] ここなつ映画レビュー

映画『64−ロクヨン−前編』

人物相関図(クリックで拡大) 原作は昨年読みまして、さらに昨年NHKのドラマでも放映されてましたが、 本当に面白い作品です。 映画版はやっぱり2時間くらいの長さでは収まらないから、 前・後編で別れちゃうんですね。 見応えあるだろうけれど、 正直言って、前編は広報官と記者クラブとの対立がメインになっちゃうだろうし、 退屈しないで見られるのか不安だったけれど ...
[2016/05/12 23:28] よくばりアンテナ

64 ロクヨン 前編

平成14年。 「ロクヨン」と呼ばれる、昭和最後の年・昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件は、間もなく時効を迎えようとしていた。 かつて「ロクヨン」の捜査にもあたった県警の刑事・三上義信は、異動で広報室の広報官となる。 就任早々、訳あって交通事故の加害者を匿名で発表したため、広報室は県警記者クラブからの突き上げにあってしまう…。 ミステリー前編。
[2016/05/14 09:31] 象のロケット

64―ロクヨン―前編

■ 試写会にて鑑賞64―ロクヨン―前編 2016年/日本/121分 監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人 公式サイト 公開: 2016年05月07日 昭和64年01月05日。雨宮漬物店の店主である雨宮芳男の娘、翔子が誘拐され、身代金を要求する電話がかかってくる。警察と雨宮は犯人に翻弄されて身代金を奪われた挙句、翔子の遺体発見と言う最悪の結末を迎...
[2016/05/14 19:15] 映画三昧、活字中毒

「64 ロクヨン」☆まだ何も始まらない

豪華キャストを取り揃えた映画にロクなものはないけれど、この映画は違う。 皆さん本気でいい仕事をしていて、大物俳優だからといって脇役なのに突出してしまって話をぶち壊すこともなく、それぞれが見事にその役割を全うしているのが伝わってくる。 勿論、「このミス」1位の横山秀夫の原作も真摯で重厚で申し分ない。
[2016/05/16 12:03] ノルウェー暮らし・イン・原宿

64 ロクヨン 前編

 『64 ロクヨン 前編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)以前、原作小説を読んでとても面白いと思い、なおかつ佐藤浩市が主演の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和64年1月5日。  まず漬物工場が映し出され、併設されている住...
[2016/05/23 20:18] 映画的・絵画的・音楽的

「64-ロクヨン-前編」事件が迷宮入りしそうになった先に発覚した警察の失態を組織ぐるみで隠蔽された事件の真相と時効目前で再び動き出した昭和最後の7日間

「64-ロクヨン-前編」は1989年1月1日〜7日のわずか7日間に起きた昭和64年の誘拐殺人事件を15年後の事項目前にした中で再びこの事件と刑事が向き合って事件解決へ動こう ...
[2016/05/28 10:31] オールマイティにコメンテート

前編は事件より警察内部のドラマ

8日のことですが、映画「64 -ロクヨン- 前編」を鑑賞しました。 わずか7日で終わった昭和64年 その年に起きた少女誘拐殺人事件、通称ロクヨンから14年が経過し 未解決のまま時効が近づく中 そのロクヨンの捜査に携わり現在は警務部 広報室の広報官の三上は再びこの事...
[2016/05/29 12:06] 笑う社会人の生活

64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編

【概略】 かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む。 サスペンス 【概略】 三上は警察という組織の中で生きる個人としての葛藤を背負い込みながら、マスコミからの突き上げにあっていた。そんな中で家族の問題も抱えながら、「ロクヨン」事件の真相...
[2016/12/18 20:52] いやいやえん

64 ロクヨン 前編

豪華キャスティングと役者力で、魅せてくれたし、わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」事件が、多くの人生にダメージを与え、その軌跡を狂わせたことは分かったのですが、いまひとつ、佐藤浩市が、現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々の詳細が、よく理解できず、対立の理由や、特に娘さん(これが先日まで朝ドラヒロイ...
[2017/04/04 14:31] のほほん便り