プロフィール

とらちゃん

Author:とらちゃん
このブログは
「とらちゃんのゴロゴロ日記はまぞう」
のトラックバック専用ブログです。詳しい本文はそちらにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

とらちゃんのゴロゴロ日記-映画関連トラックバック専用ブログ
「とらちゃんのゴロゴロ日記blog.ver」でトラックバックを受け付けできないようになったので、2012年8月28日から開設しました。映画関連の記事に限りトラックバックを受け付けます。
ザ・ウォーク
詳しい本文は下記アドレスにあります。
http://torachangorogoro.hamazo.tv/e6615371.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://torachangorogoro.blog.fc2.com/tb.php/291-98f44829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ザ・ウォーク」@ソニーピクチャーズ試写室

 私は映画.com独占試写会で作品を拝見した。客入りは8割位。3D字幕版が上映された。
[2016/01/29 22:37] 新・辛口映画館

映画鑑賞「ザ・ウォーク」

2Dで鑑賞 実話で綱渡りが成功する事は分かっていたが、本番になると緊張してしまった。ビルにワイヤーを掛けるまでのサスペンスもハラハラ・ドキドキ面白かった。...
[2016/01/29 22:39] 趣味こそ生きがい

ザ・ウォーク〜仰げばあの世が見える

公式サイト。原題:The Walk。フィリップ・プティ原作、ロバート・ゼメキス監督。ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・ ...
[2016/01/29 22:42] 佐藤秀の徒然幻視録

映画『ザ・ウォーク』★一世一代の綱渡りの“共犯者“になって観る醍醐味!

    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/165903/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   主演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット   1974 年、ワールド・トレード・センターのツインタワー間で綱渡りをした フランス...
[2016/01/29 22:59] **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**

「ザ・ウォーク」高いよ~!恐いよ~!!

 1974年、当時世界で最も高い建物だったNYのワールドトレードセンターに、1本のワイヤーを張り、その上を歩いて渡った男がいた。男の名はフィリップ・プティ。「ザ・ウォーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。最初に言っておきますけど、高所恐怖症の人は絶対見たらアカ~ン!!  故郷のフランスの町にやって来たサーカス団。その綱渡りの演技に魅了された少年フィリップ・プティは...
[2016/01/29 23:48] シネマ親父の“日々是妄言”

「ザ・ウォーク」:ぞわっとし、手に汗握る緊張感

映画『ザ・ウォーク』は、2009年日本公開のドキュメンタリー『マン・オン・ワイヤ
[2016/01/30 00:05] 大江戸時夫の東京温度

映画「ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります

映画 『ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 なお、原作小説である大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション『マン・オン・ワイヤー』は未読。 また、本作で描かれる、プティの挑戦への決意から成功を関係者の証言や再現映像で見せるドキュメンタリー映画『マン・オン・ワイヤー』...
[2016/01/30 11:09] ディレクターの目線blog@FC2

いや〜もうやめて〜ってくらい体感するよ。(^_^;)〜「ザ・ウォーク」TCX3D

この映画は、ストーリーより映像ありきで最初から見に行ってるんで 高所恐怖症のくせして3D鑑賞。しかもくずはのTCXだから結構大きめのスクリーン。 いや〜すんごい迫力でした。 矢が飛んでくるシーンは思わずよけた。(爆) 冒頭のシーンからして、モノクロだの、...
[2016/01/30 13:07] ペパーミントの魔術師

ザ・ウォーク

フランスのある町に“世界一の綱渡り一座”と呼ばれるサーカス団がやって来た。 その妙技に心を奪われた8歳の少年フィリップは、独学で綱渡りを体得し、その後一座の門を叩く。 しかし若さゆえの傲慢から座長パパ・ルディと対立し辞めることに。 パリで大道芸人になったフィリップは、世界一高いツインタワー・ビルがニューヨークで建設中であることを知り、その2つのビルの間を綱渡りしようと思い立つ…。 実話から生...
[2016/02/01 15:25] 象のロケット

ザ・ウォーク

 『ザ・ウォーク』(3D)をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)予告編から面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、「これは実話である」(True Story)との字幕が出ます。  次いで、黒いタートルネックを着た本作の主人公フリップ・...
[2016/02/06 09:01] 映画的・絵画的・音楽的

[映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「ザ・ウォーク」感想

 大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション「マン・オン・ワイヤー」原作。1974年8月7日のニューヨーク、ワールドトレードセンターの二つのビルの間にかけたワイヤーで綱渡りを披露した男の実話を、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメ
[2016/02/21 19:44] 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜

ザ・ウォーク(ネタバレあり!)

[ザ・ウォーク] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年4本目です。 【あらすじ】 パリの路上でジャグリングや綱渡りを披露し人気の大道芸人になっていたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、ニュー…
[2016/02/22 03:14] 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!

綱渡り男の挑戦 〜 実写編

25日のことですが、映画「ザ・ウォーク」IMAX 3Dを鑑賞しました。 1974年 フランス人の大道芸人フィリップ・プティは誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤー...
[2016/03/30 22:30] 笑う社会人の生活