プロフィール

とらちゃん

Author:とらちゃん
このブログは
「とらちゃんのゴロゴロ日記はまぞう」
のトラックバック専用ブログです。詳しい本文はそちらにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

とらちゃんのゴロゴロ日記-映画関連トラックバック専用ブログ
「とらちゃんのゴロゴロ日記blog.ver」でトラックバックを受け付けできないようになったので、2012年8月28日から開設しました。映画関連の記事に限りトラックバックを受け付けます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴天の霹靂
詳しい本文は下記アドレスにあります。
http://torachangorogoro.hamazo.tv/e5368354.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://torachangorogoro.blog.fc2.com/tb.php/160-3f3f52a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青天の霹靂

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 大泉さんが過去にタイムスリップして、自
[2014/05/27 00:15] うろうろ日記

青天の霹靂

じんわり来る、余韻の残るイイ一本だった。
[2014/05/27 00:36] だらだら無気力ブログ!

青天の霹靂

公式サイト。劇団ひとり原作・監督・出演。大泉洋、柴咲コウ、風間杜夫、笹野高史。タイムスリップと言ってもSFでもない。かと言って、ファンタジーと言うほどでもなし。そもそも ...
[2014/05/27 08:26] 佐藤秀の徒然幻視録

青天の霹靂

 日本  コメディ  監督:劇団ひとり  出演:大泉洋      劇団ひとり      柴咲コウ      笹野高史 【物語】     (シネマトゥデイ)  場末のマジック ...
[2014/05/27 15:09] 風情♪の不安多事な冒険 Part.5

青天の霹靂

劇団ひとり、原作・脚本・監督・出演の作品。一人いったい何役なんだ(笑)。 「笑いと、たぶん一粒の涙の物語」がキャッチコピーのこの作品。涙は一粒じゃないですよ。いや、実際には泣きませんでしたが、少なくとも2回泣きそうになってしまいました。ちょっと冗長だと思...
[2014/05/27 22:44] 勝手に映画評

青天の霹靂

39歳の売れないマジシャン晴夫は、生まれて間もなく母親に捨てられ、父親とも十数年間ずっと絶縁状態だった。 ある日、ホームレス状態だった父親が死んだという連絡が入る。 父の“家”を訪れた晴夫は、そのまま40年前の浅草にタイムスリップしてしまう。 そこには若き日のマジシャンだった父・正太郎と、その助手の母・悦子がいた! 晴夫は正太郎とコンビを組むことになったのだが…。 人情コメディ。
[2014/05/29 14:21] 象のロケット

【 青天の霹靂 】同じカードは存在しない

青天の霹靂      監督: 劇団ひとり    キャスト: 大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫、柄本佑、入江雅人、前野朋哉、黒田大輔、中村育二、今井隆文、小村裕次郎、諌山幸治、ヤマザキモータース、稲川実代子、須田琉雅 公開: 2014年5月24日 201…
[2014/05/29 19:36] 映画@見取り八段

晴天の霹靂

監督: 劇団ひとり 出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫 【解説】 作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが...
[2014/05/31 21:23] タケヤと愉快な仲間達

『青天の霹靂』

□作品オフィシャルサイト 「青天の霹靂」□監督・脚本 劇団ひとり□キャスト 大泉 洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  タイムスリップ...
[2014/06/02 08:29] 京の昼寝〜♪

青天の霹靂

 『青天の霹靂』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、主人公の晴夫(大泉洋)が、「いつからかな、自分を“特別”だって思わなくなったのは」、「昔は、周りの奴らは“普通”の人生しか歩めない...
[2014/06/06 21:24] 映画的・絵画的・音楽的

ありがとう/ビートたけしに観て欲しい映画~『青天の霹靂』

 場末のマジックバーで失意の日々を過ごす晴夫(大泉洋)は、ホームレスとなっ ていた父の死を知る。警察で遺骨を引き取った彼は、父のテントのあった河原で 雷に打たれ、40年前の浅草にタイムスリップする。そこには、若き日の父・正太 郎(劇団ひとり)と、身重の母・悦子(柴咲コウ)がいた。  映画は監督のものだと思っているし、劇場予告を観ていた限りでは全く惹かれ なかったこの作品。し...
[2014/06/14 21:29] 真紅のthinkingdays

青天の霹靂

劇団ひとりが自身の原作をもとに、大泉洋&柴咲コウを迎えて創り上げた家族のドラマです。 「陰日向に咲く」も好きだったので、今回はどんな物語を綴っているのか気になっていました。 両親の秘密を知る主人公の姿に、この父親の愛情って分かり難いなあと思いながらもほっとしていました。
[2014/06/22 22:00] とりあえず、コメントです

No.386 青天の霹靂

売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。39歳の売れないマ ...
[2014/06/22 22:57] 気ままな映画生活

青天の霹靂

劇団ひとり、初小説がヒットし、のちに映画化された「陰日向に咲く」も味わい深かったですが、自らの同名小説を、初監督したという、この作品も、なかなかの佳作でした。ますます、大いになる才能を実感。なるほど、その名の通り、周囲を巻き込むほどの、劇団ひとり、さんですね。主人公を演じた、大泉洋、立派にマジシャンでした。その手腕に、精進の成果を披露。人によっては、劇団ひとりが演じない方が… という声もあっ...
[2015/04/14 14:24] のほほん便り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。