プロフィール

とらちゃん

Author:とらちゃん
このブログは
「とらちゃんのゴロゴロ日記はまぞう」
のトラックバック専用ブログです。詳しい本文はそちらにあります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

とらちゃんのゴロゴロ日記-映画関連トラックバック専用ブログ
「とらちゃんのゴロゴロ日記blog.ver」でトラックバックを受け付けできないようになったので、2012年8月28日から開設しました。映画関連の記事に限りトラックバックを受け付けます。
利休にたずねよ
詳しい本文は下記アドレスにあります。
http://torachangorogoro.hamazo.tv/e4988221.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://torachangorogoro.blog.fc2.com/tb.php/124-d2be4d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

利休にたずねよ〜わび・さびの裏技

公式サイト。山本兼一原作、田中光敏監督。市川海老蔵、中谷美紀、伊勢谷友介、大森南朋、成海璃子、福士誠治、クララ(イ・ソンミン)、川野直輝、袴田吉彦、黒谷友香、市川團十郎 ...
[2013/12/09 00:05] 佐藤秀の徒然幻視録

利休にたずねよ

試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】利休の半生を描いた。みたいな映画です。
[2013/12/09 02:17] うろうろ日記

利休にたずねよ

利休にたずねよ@一ツ橋ホール
[2013/12/09 06:31] あーうぃ だにぇっと

利休にたずねよ

美を追う罪と罰と崇高。  
[2013/12/09 09:49] Akira's VOICE

利休にたずねよ

絶対的美意識。
[2013/12/10 22:24] 悠雅的生活

利休にたずねよ

1591年・安土桃山時代。 雷鳴とどろく雨嵐の早朝、太閤・豊臣秀吉の命により、天下一の茶人・千利休の屋敷は3千もの兵に取り囲まれていた。 もはや死ぬしかない夫に妻・宗恩が問う。 「あなた様にはずっと想い人がいらっしゃったのでは…」 その言葉が、利休の胸中に秘められた、遠い時代の記憶を蘇らせていくのだが…。 ラブ・ストーリー。
[2013/12/11 10:15] 象のロケット

『利休にたずねよ』

□作品オフィシャルサイト 「利休にたずねよ」□監督 田中光敏□脚本 小松江里子□原作 山本兼一□キャスト 市川海老蔵、中谷美紀、市川團十郎、伊勢谷友介、大森南朋、        成海璃子、福士誠治、クララ、川野直輝、袴田吉彦、黒谷友香、       檀れ...
[2013/12/15 08:21] 京の昼寝〜♪

『利休にたずねよ』('13初鑑賞104・劇場)

☆☆☆-- (10段階評価で 6) 12月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:10の回を鑑賞。
[2013/12/15 21:28] みはいる・BのB

2013-12-15

山本兼一著の直木賞受賞作を市川海老蔵主演で映画化した時代劇です。 原作は未読ですけど、海外で受賞したと聞いていたので、どんな物語なのか気になっていました。 利休という人の人生を辿ると同時に、時代を動かした人々の心が伝わってくるような物語でした。
[2013/12/15 21:59] とりあえず、コメントです

映画「利休にたずねよ」

映画「利休にたずねよ」を鑑賞しました。
[2013/12/16 21:29] FREE TIME

「利休にたずねよ」美を追い求めた先にみた過去の美しき恋を追い求めた究極の美の世界

「利休にたずねよ」は戦国時代に織田信長、豊臣秀吉に仕えた茶道千利休の若き日から切腹するまでの人生を追ったストーリーである。戦国の世で茶道により世の中を動かすほどの存在 ...
[2013/12/23 11:48] オールマイティにコメンテート

「利休にたずねよ」☆美に惑わされる

まさに『日本の美』の真髄である。 紛れも無い日本がそこにあり、日本の美を限りなく追求して、これほどまでに見事に再現しつくした映画が他にあっただろうか? しかしその美に惑わされ、酔っている間に見落とした何かがそこにはあり・・・・
[2014/01/05 00:45] ノルウェー暮らし・イン・原宿

利休にたずねよ

【概略】 織田信長に重用され、豊臣秀吉の下“天下一宗匠”として名を馳せながらも、秀吉の怒りを買い切腹を命じられた茶人・千利休が遺した謎と生涯秘め続けた恋を描く。 時代劇 日本の美の極地でもある茶道に通じる者としての、利休=市川海老蔵はなかなか良い。所作、静謐さ、そういったものは歌舞伎とも通じるのだろう、違和感なく美しかった。様式美に幼少の頃から触れている海老蔵の身体からはそ...
[2014/12/03 00:34] いやいやえん